ヲタっ子1年生。

同担の知り合い0→身バレコワクナイ

TEAM Party ROKKAKU。

に、行って参りました!!!

 

過去記事にある通りチムパ憂鬱だったのですが、当日公演前から個人的にイレギュラーな事態が多発して結果鬱も何もすっ飛んでしまいました……。いやはや、終わってみれば楽しいもので。

悪い評判ばかり聞くアイアでしたが、初めて行った感想としては、駅からの道も難解じゃないし席もTDCより良いかなと。まあチムパ公演時間とても短いのでここに何時間も座ってられるかというと話は別ですが!

 

影アナ木更津。淳くん/ルドのネタを入れてくるの反則ですねありがとうございます。佐藤さん、声が良いのは流石というべきですかね。何気に彼のアナウンスに当たる率が高いのですが毎度良い声だなあと感じます。木更津……声優……どことなく頭痛のしてくるワードですが……。

 

トークコーナーはひたすら陽向さんがぶっ飛んでました、自由すぎる。六角D2の距離がやたら近くて一部のヲタクが死体になってましたね……。

印象に残っているのは千葉さんの滝の物真似、普通に格好良すぎて笑いました。

MCの2人も癖のある六角キャスト(おもに陽向さん笑)をうまいことまとめて進行していました。トリオも可愛く良い味出してました!

私が行った11/2の公演が佐藤さんの200公演目だったようで、そのお祝いもしました。つくづく木更津役って特殊ですね、1人2役というのもだし、六角では周りより随分と経験値の多い状態で臨むことになるという。本人の仰る通り時間が全てではないけれど、それでも人より多くの公演をこなしてきたという実績は素晴らしいものだと思いました。おめでとうございます。

 

トークとライブの間にラジオ風コーナーがあったのですが、その日のパーソナリティ(ゲスト)は大石(松村さん)でした。お悩み相談者は首藤、「ゲヒャブー!」は消費カロリーが大きいから別の決め台詞が欲しいとのこと。大石は立海のジャッカルの「ファイヤー!」を提案していましたがそれも消費カロリー大きいのでは……?せめて「プリッ」位にしておこうよ……??しかし首藤、やはり「ゲヒャブー!」からは逃れられないようでした。

 

ライブパートはもう赤ペンラ振りまくりですよ、超楽しかったです。個人的にアクロバティック&ジーニアスは大好きな曲で、一部分だけとはいえこうして聴くことができ嬉しかったです。

あと、あの少ない人数で客降りするとヲタクはどこ向いて良いのか悩みますね。……畏れ多くもハイタッチしてしまいました、お見送り(後述)よりこのときの一瞬の方が記憶に残っているんですよね……。

途中で比嘉公演の告知映像が入ったのですが、比嘉が写し出されるモニターを静かに見つめ、走り去る佐伯……、既に比嘉公演が楽しみかつ辛くて仕方ないです。なんか、六角が比嘉に負けるという物語をキャストもヲタクも知っていて、その上で六角のキャラクターたちは進行してゆく物語の内側にいるから立海公演での「全国で俺たちだって負けない!」のような台詞があって……。そういやチムパ観劇日が比嘉公演テニモ先行の当落発表と重なっていたのですがどうにか1枚だけ確保できました……。あとはファミマ先行と一般、私はそう回数行く気はないのですが、それでももう少し取れたら……サイドと立ち見以外で……(贅沢)。

 

問題の(?)お見送りハイタッチに関してはですね!全く記憶にないという……。うまく顔すら見られませんでした……。恐れていたような醜態は晒さずに済んだかと思うのでまあ良いです。

 

さんざん恐れていたチムパがわりかし楽しく終わってしまい若干燃え尽きモードなのですが、気づけばもう明後日は中央大でのトークイベントなんですね!

予定外にテニミュ3rdもゆるゆる追ってしまっていますが、やはり彼は別格に好きなのでそりゃもうとてもとても楽しみです。なんか推しさん関連の外出の度に私のクローゼットには洋服が増えていきますが、それらを見るとそのときの楽しかった記憶も蘇るんですよね。

明後日も、そんな楽しい記憶を作れますように。