ヲタっ子1年生。

同担の知り合い0→身バレコワクナイ

テニスの王子様に嵌まった話。

メチャクチャ今更感ですが、テニスの王子様に嵌まりました。

もちろんきっかけはテニミュ

でも正直原作も含めてすごく面白くて、これまでスポーツものの漫画を避けていたヲタクはカルチャーショックを受けました。

まだ原作は関東立海の途中までしか読んでないけれど、近々全巻セットを大人買いしてしまう予感でいっぱいです(どこに置く気だ……)。

 

テニミュはまだ円盤2本しか購入できていないのですが、そのふたつを毎日毎日飽きもせず見続けています。

手持ちの作品は2ndシーズンのルド吹と六角。

わかりやすいですね、廣瀬さんの演じる木更津淳/亮を目当てに購入致しました。

この2作品の他にもゲスト校として出演なさっている公演やドリライ、運動会など欲しいものは沢山だったのですがやっぱり最初はメインとして出ているこの2つかな、と。

購入前に既に原作のルドルフや六角の話は読み終わっていたのですが如何せん記憶力のなさには定評のある私なのでイマイチ木更津ツインズを、というか青学以外のキャラをほぼ覚えてなかったんですよね。

(ルドルフは観月とだーね、六角はダビデだけ覚えてました……汗)

そんな中で視聴したテニミュ

 

時系列に乗っ取って先にルド吹を見ました。

初っぱなから24/365って曲が信じられないほどダサくて(←)驚いたんですが、カメラに一瞬抜かれた木更津淳があの、メチャクチャ妖艶な廣瀬さんで何かもうそれだけで買って良かったなって(チョロい)。

でも木更津淳そんなによく喋る子ではないので必然他のキャストにも目が行って。

青学だと菊丸役の小関くんがすごく顔が小さくて手足が長くてお人形さんみたいだなーと惹かれました。

それと千石役の聖也さんが良く動けて笑顔が可愛くて好きです。

(動きが良くて可愛いとそれだけで見ていて楽しくなっちゃいます、推しとか関係なく。)

他にもこばゆたやらトカッチ(平牧さん)やら、特ヲタ故に知っている顔もあってそういう楽しみ方もありました。

曲も最初は違和感があったもののだんだん世界観に入り込めたというか、ゴールデンペアのシーンなんかはかなり胸が熱くなってしまって……。

ちなみにルド吹公演で好きな曲は断トツで『ドリーム・メーカー』ですね。

ていうかわだくま氏歌巧くて顔格好良くてすごく部長……ってなりました。

実はもうすぐ彼の出演作を観に行くので非常に楽しみだったり。

そんな訳で推し云々以外にもかなり楽しめる要素が沢山だったのですが、当然当然廣瀬さんも素敵で。

「スクスク」とかあの綺麗な声で笑われたらもう何も言えないじゃないですか!?!?

しかしまじでクスクスとダンスと顔が綺麗なことくらいしか言及できないのがなー……。

試合があるのに目立たないって何事かと思いましたがまあ原作を考えれば仕方ないなーと納得できてしまう悲しさ……。

2幕は山吹メインなので冒頭の私服シーンとちょっとのダンスシーン、そしてラストくらいしか木更津淳の出番はないのですが、山吹がかなり良い感じで(正直学校単位での好き度合いは六角>>山吹≧ルドルフなのです……)かなり面白かったです。

壇くん可愛すぎて柾木くん調べましたよね……映画版ライチに出てたと知って驚きました。

山吹は作中でもカテコ等でも亜久津とその他との間に距離があって、それでもわりと一体感のあるというか、見ていて楽しい気持ちになれる雰囲気が好きです。

そしてカーテンコールと挨拶。

テニミュはこの作品がデビューだったりまだ売り出し前な感じの演者さんも多くて、きっとリアルタイムに彼らを追っかけたら成長もわかってすごく楽しいのだろうなあと感じました。

作中の物語とは別にテニミュとしてのキャストたちの成長物語も消費できるってヲタクにとってすごく贅沢だなあって。

お金と時間に余裕があるのなら今やっている3rdを観てみたいと思ったり。

この時点でテニミュにかなり惹かれていたのですが、六角によってさらにテニス熱を高められてしまうとは、このときには思ってもいませんでした……。

 

さて、六角はかなり期待値が高まった中で視聴したのですが、予想を遥かに越えるほど更に面白くて!!!

まず曲が好みのものが多かったです。

青学の『ザ・ベスト・プレーヤーズ』『Forward,my men!』がすごく明るい開放感のある曲で聴いていて気持ち良かった。

六角の校歌も振りが可愛くて最高でした。

それと、これは確信のないことなのですが淳より亮の方がメイク濃い?気がします。

サラサラのロングウィッグも相まって女の子みたいで本当に可愛く美しくて、木更津亮の廣瀬さんすごい好きです……。

バネダビのバックで踊っているとことかもすごく可愛くてたまらんな、と。

基本的に明るい雰囲気の子たちが好きなので六角っ子は皆可愛くて、試合も本当に楽しみつつも真剣で(ベンチもわちゃわちゃ楽しげで)愛おしくてたまらんです。

さて、ゲスト校として氷帝もいるのですが学校の雰囲気が六角と正反対なんじゃってくらい違っていて楽曲も(他より少しは)格好良くてその差が良い感じでした。

例に違わず特ヲタは志尊くんにわーってなり、その後調べらた日吉役の伊勢さんはトッキュウの主題歌を歌われていたそうでかなり驚きました。

確かに歌巧いなあ……と。

一番好きな試合は不二・菊丸vs佐伯・樹です。

ていうかサエさん役の内海さんの歌がすごく聴いていて心地よくて『アクロバティック&ジーニアス』のサエさんソロの部分を超リピートしまくってます。

そういえば対六角戦てリョーマ戦っていないんですね、主人公なのに。

しかし『プレッシャー』聴いていてメチャクチャ関東立海欲しくなりました。

 

というかやっぱり原作揃えたいし運動会もチムコレも欲しいしこれからやる公演にも行ってみたいし……と破産の気配を感じました。

なんと恐ろしいテニス。

最近のお金をかける優先順位が

廣瀬さん>>>舞台やイベント用の洋服>その他

って感じになっているのですがテニス関連もかなり良い位置に食い込めてしまいそう。

 

廣瀬さんを好きになってからというもののどんどん家に増え続ける円盤類と減り続ける財布の中身ですが、今まで知らなかった楽しさを知ることができていて幸せだなあ……。