ヲタっ子1年生。

同担の知り合い0→身バレコワクナイ/廣瀬大介さんを推しています。

廣瀬大介さんバースデーイベント。

に、行って参りました。

少しマイナスなことを書いてしまいますのでご了承ください。

また、記憶が非常に曖昧な為、詳細なイベント進行のレポは諦めて自分の感想中心に書いていきます。

 

 

田舎者故に大都会渋谷で半泣きになっていたら会場は更なる地獄でした……。

まず、スタッフ間の統率が皆無で、言っていることの統一がなされていない印象でした。

本人確認をする場所もよくわからず、本人確認後も整理番号など関係なく並ばされるものの近くにスタッフはおらず……。

「◯◯さんと□□さん本人確認に居ないんですけど」とかスタッフ同士で話しているのを聞いてしまいましたね……。

人数も人気に見合わない少なさとはいえキャパを考えれば十分多く(多分合計200と少し)大変だったのだろうとは思いますが初っぱなからこの不安さとは……となりました。

ただ、整理番号とはいえ全席指定でしたので入場が遅れても席の良し悪しを左右しないのは良かったです。

そんな訳でモヤモヤとした気持ちを抱えての入場でしたので、私は物販を買わずにいました。

まあ、終演後に買ってしまうのですけれど。←

 

 

会場にいる人間の半数以上が何かしら△のアクセを身に付けていてすごくわかりやすいな~と思いました。

とか言ってる私もピアスとチョーカーが△でしたが……(わかりやすいヲタク)。

入場から開演までの時間、スマホをいじっているのも落ち着かずぼーっとしてたら急に周囲がざわめいて何かと思ったら廣瀬さんがツイートしてました。

 

衣装はグッズと同じ白いツナギにサンバイザーとゴーグルで、ツナギや頬にペンキのかかったデザインです。

廣瀬さん黒系の服を着ると細すぎて心配になるので膨張色の衣装なのはとても良かったです。

しかしサンバイザーが視界の妨げになっていそうだった&お顔が見えにくかったのが残念でした。

しかし朗読や台詞を読むときに顔を出しているのが恥ずかしそうだったので、そういうとき用みたいなものなのかな。

 

さて、イベントの最初と最後にモニターに写し出されたちびキャラ廣瀬さんと犬(グッズの絵柄)に合わせてのアナウンスがありました。

個人的には彼の可愛い系の声ってあまり興味ないのですけれどそれでもなんとなく盛り上がってしまうくらいには場の空気に飲まれていましたね。

 

彼が登場したときの印象は『普通っ』でした。

前回のブログの通り私はこれが初めて生で拝見する機会でしたが、今まで描いていた彼よりも格好良く(失礼)、今まで描いていた彼よりも神々しくないというか、普通の綺麗なお兄さんでした(失礼)。

きっとこれまでに抱いていた印象には色々歪みがあったので、それを今度ブログのネタにしようかな。

 

何気に記憶が曖昧なのですが、嫌なことばかり覚えておる性分なものですごく印象に残っておるのはガヤが煩かったこと。

そうよね拍手歓声以外のことして反応欲しいよねわかる。

でも、タメ口だし失礼なことを言ってたりもしたし、何より私はヲタクの声なんか聞くために来たんじゃない。

はい、ただの愚痴でした~。

 

そういえば今回のイベントは司会の方がいなくて途中まで廣瀬さんひとりで進行していたのですがのそシステムは非常に素晴らしかった。

何より舞台上に彼しかいないというのが最高でした。

廣瀬さん本人からのフリで客席でハッピーバースデーの歌を歌ったのですが、名前を呼ぶところが人によってバラバラで面白かったです。

それと、先日から知人に「ケーキ食べるかなー、食べて欲しいなー」と言っていたのですが本当に食べてくれましたヤッター。

最初の一口が小さすぎて可愛かったです。

 

途中から同じ事務所の声優さん3人と一緒にその面子で放送したラジオドラマの朗読をしたりNGワードを言わせるゲームをしました。

前述の通り私は彼1人を見続けていたい人間なので少しがっかりしましたが(ごめんなさい)、ゲストさんの登場以降は不快なガヤも消えたのでそこは良かったです。

やはりというかなんというか、声優さんってすごい仕事だと思います。

目の前で男性の方が女性の声を演じているのって、脳が混乱しますもん。

事務所の先輩方と比べえ、廣瀬さんの声優さんっぷり(声の演技とか)は個人的にはまだまだなのかな、と感じました。

まあ、それでも私はどんな巧い声優さんより彼の方が良いんですけどね。

 

ちなみに応募総数は2~3000くらいだそうで。

倍率は単純に考えて10倍以上ということです。

ご本人も会場のキャパの圧倒的不足は分かっていたようなのですが、まあ事情があるようで仕方がないみたいです。

私は長らく横アリたまアリ規模のキャパのライブに行っていたので応募総数を聞いて意外と少ないなと感じてしまいました。

フォロワー数とかって、共演者さんのファンの方とか出演作にのみ興味のある層も多いのだろうなあ。

 

さて、最後にバーカウンター越しにお見送りがありまして。

近くで見てもイベント通しての感想と変わらず普通に綺麗なお兄さんでした。

それでも私はやっぱり緊張してたみたいで全然記憶はないのですが……。

 

お土産に可愛いキャンディーを配られました。

製造者に知った地名があり笑いました。

私は終演後にグッズを購入したのですが、缶バ(ひとり5個の購入制限・全5種)のトレードが非常にスムーズで運良くコンプリート出来てしまいました。

アクキーと共に部屋にでも飾ろうかと思います。

 

 

さて、毎度お馴染み(?)支離滅裂な文章ですがとりあえずここまでとします。

後々画像を追加したり文章を手直しするかもしれませんが……。

 

とりあえず私の俳優ヲタクデビュー戦は色々ありつつも無事楽しく済みましたとさ、チャンチャン。