ヲタっ子1年生。

同担の知り合い0→身バレコワクナイ/廣瀬大介さんを推しています。

数字の話/愛の話。サマバレも。

ヲタクにとって、愛=数字です。

お金は当然だけれど、それは人によって歴になったりグッズの個数になったり参戦数になったりします。俳優ヲタも二次ヲタもバンギャルも、そこだけは同じです。

 

さて、14日はハッピーサマーバレンタインてしたね!

なにそれという人の為に簡単に言ってしまうと、テニスの王子様のバレンタインのチョコ獲得数ランキングの発表がありました。皆様ご存じの通りテニプリでは例年ファンからキャラの元へ大量のチョコ(だったり他の何かだったりする、足とか)が贈られるのですが、まあ彼がとにかく強いんですよ、跡部様。テニプリに興味のなかった頃の自分ですらその名前と王国民なる存在は知っていました。

そして今年は、そのランキングの発表をコミックス内ではなくニコ生でやってしまう、しかも50位以内だと描き下しイラストが缶バッジになるという、そりゃもうお祭りみたいなもんです。私は誰にもチョコを贈っていない(そもそもバレンタインの頃はテニプリ未読だった)ので他人事として楽しみましたが、これってヲタクにとっては切実なイベントなのだなって実感させられまして。

当日私は宴会なうでニコ生を視聴することは叶わず、Twitterの実況ツイで順位を知っていったのですが、まあ上位が大波乱でした。初期校の健闘、跡部様の首位陥落。

1位になった天根ヒカルくんはなんと1万と300少しという驚異の獲得数でした。どうやら彼のヲタク有志(3人)で1万贈ったとか……、今回のバレンタインの総数が10万と幾らかなので、およそ10分の1がその3人によって天根くんに贈られたということです。なんという数の力。他にも足やら模造刀やらを贈られたキャラがいたりと話題に事欠かないサマバレのなかでもその圧倒的熱量とその結果としての1位(一応言うと、天根くんはその1万を抜いても50位以内に入る人気です)は輝いていました。

その結果、雌猫反省会が各所で開かれたり来年のチョコインフレが予想されたり、と天根くんへ贈られた1万個のチョコはテニクラ界隈に大きな衝撃を与えました。(ところで1万個のチョコってどうやって工面したのでしょうね、チロルチョコ1粒ずつ送ったりしたのでしょうか。)

 

結局のところ、やっぱり二次ヲタも三次元のヲタクも推しに数字(獲得数、動員、売り上げとか)を贈りたいし、どうせなら自分が推しに対していかに数字=愛をかけたかを誇示したいのです。もしかしたら「んなことないぞ!」って人もいるかもしれないけれど、少なくとも私はそうです。でも、時間は積み重ねだし物を贈ったりチケを買うにはお金が必要で、理想のように愛を注ぐのはとても難しいことです。お金ほしい。

私は誰かにひけらかせるほどの愛をあげられていないのが引け目に感じられて他の誰かの与える愛を憎んでしまいそうになります。でも、それが間違っているのも知っています。

数字は力です。サマバレの数字が今後どのような影響を及ぼすのかはわかりませんが、少なくとも上位のキャラには声付きのコメントがありました。数年ぶりの新規台詞、という子だっていたでしょう。数字は愛であり、推しの新たな動きを生みます、二次元でも三次元でも。

 

願わくば、あなたの推しも私の推しも沢山の数字を得られますように。

 

王子様のこと/佐伯虎次郎への妄想と考察と。

attention!

この記事は佐伯虎次郎夢女の妄想ポエミー考察です。ミュネタ俳優ネタ一切ありません。妄想6:ポエム3:考察1くらいの割合です。ご了承ください。

 

 

 

 

 

テニスの王子様』ってタイトルは誰を指してるのかなーって最近よく考えます。

(もし作者様などが既に言及している事柄でしたらすみません。)主人公でもある越前リョーマのことなのか、はたまたテニスに打ち込む少年たち全体を指した言葉なのか。最終話のサブタイ?では確か『テニスの王子様たちへ』という文言が入っていました。複数形ということはやはり登場する様々な学校のプレーヤーたち全員を指してるのでしょうか(これで王子様なのは一部の人気実力のあるキャラだけなら面白い)。

ということはサエさんもその中に入れるのかなとか考えていて、ひとつ考えたことがありました。

 

六角って作中に描写のある試合(対青学、対比嘉)だとストレート負けしかしていない学校でして、つまりはサエさんも負け描写しかないんです。それでも対青学は白熱した試合展開でD1に関しては「菊丸がふたりいる!?」みたいなアレがなければ結果はわからなかったと思うのですが(サエさん推しの戯言)、対比嘉はそうじゃない。ボールをオジイにぶつけられたとか、縮地法とかいうテニヌ的要素があったことを抜きにしても甲斐との試合は相手が利き手と逆の手かつ本来のプレイスタイルでないのに負けてしまいました。オジイの心配をしながらもひとりコートに残って『やり残したこと』をやり遂げようとした彼は、そのときどんな思いで戦ったのか。『やり残したこと』とは何なのか。私は『戦うこと/六角のテニスをすること』だと思っています。六角のテニスはテニミュの校歌的に言うと『楽しむためのテニス』であり『勝つためだけのテニス』です。相手が躊躇いもなく人にボールをぶつけるような試合は楽しむどころではなかったでしょう。しかしサエさんは試合の楽しさを失ってもなお六角のテニスを捨てなかったのだと思います。その結果は敗北でしたが縮地法の性質を見抜き、それはその後の青学対比嘉戦に活かされました。やっぱりサエさん無駄に格好いい!!!……ではなくて、戦い抜いた末に結局彼は苦しい試合で勝つことができなかった、六角のテニスができなかったんです。そもそも佐伯虎次郎くんて公式でまで無駄に男前とか言われちゃう美味しいキャラなんですが決して強キャラではないんですよね、動体視力云々言ってもよっぽど上のキャラがいる訳ですし。だからかはわからないけれど新テニのU-17合宿には参加していないし、きっとテニプリキャラ内では凡庸な実力だろうと勝手に思っています(全国大会進出という成績は素晴らしいものですが)。

圧倒的に強くて無我の境地とかそういうチートが使えちゃうようなキャラ(リョーマとか手塚とか)ってやっぱり神に祝福されているというか、紛うことなき『王子様』だと思うんですよ。でも、私の推しはそうじゃなくて。それでも『テニスの王子様』という言葉は作中でテニスに励む少年たち全員に降り注ぐのだなあって。

テニスをしたい、テニスが楽しい、その感情だけで生きていけている間は、彼らは王子様なんだろうな、っていうのが結論なのですけれど。

天衣無縫とかまではいかなくても、彼らの頭の中も日常生活もテニスが中心じゃないですか、多分。キャラの大半は3年生だけれど進路のこととか考えないじゃないですか、授業より勉強の成績よりテニスじゃないですか。仲間の為に自分の為にテニスをすることだけが全てでいられる彼らは、たとえ特別な能力を持たなくともテニスの王子様なのかなって。

だからあの夏の全国大会初戦の日までのサエさんも、確かにテニスの王子様でした。

オジイが搬送されてチームメイトも皆それについて行って独りコートに残された後、きっと彼の頭の中には試合のことしかなかった。ネットの向こうの甲斐と、自分と、飛び交うボールしかなかったのだろうと私は想像します。だから敗北の後、不二に「早くオジイの所へ」と促されるとハッとしたような表情をし、急いで会場を後にしたのだなって。

漫画としてはほんの数ページ、しかしその試合の間、サエさんの全てはテニスが占めていました。天才不二くんの友達だし左利きだし男前、でも強キャラとは言い難い私の推しは、確かに、完璧に、テニスの王子様だったんです。

でも私には、その後彼がテニスに打ち込む姿というのが、どうしても想像できないのです。全国大会敗退、恐らくは3年生にとっての引退を意味します。それに六角中は公立校なのでどうしたって高校受験があり、皆暫くは勉強に励むのではないかなとは思います(新テニやら現在も学年が変わっていないことを考えると、かの世界に受験なんて存在しない気もしますが……)。でも、その先たとえば高校生になったとして、サエさんがあの年の関東大会全国大会のように試合をする姿が想像できないのです。サエさんはもともと生徒会副会長だしあのルックスだしあの爽やかさだし、先生や同級生との関係も良好で、素晴らしい学校生活を送れる要素に満ち溢れています。それこそ、テニスなんて無くとも。それでも六角中でテニスをやっていたのはあの学校のテニス部の独特なシステム(幼い内から予備軍としてテニスに親しむこと)や、オジイや仲間の存在があったからなのではないでしょうか。それに、サエさんはあの比嘉戦できっと本当に全て出し切ってしまったんです、右手でラケットを持った甲斐相手に。きっと甲斐菊丸戦の後、裏手のレフティであることやバイキングホーンなる技の存在はサエさんの耳にも入ったでしょう。惜敗と思われた試合が、実は相手にとって手を抜いたような状態での戦いだったと知ったら。サエさんも馬鹿ではないです、これまでだってきっと自分の能力というものを嫌というほど感じている。でも、それでも傷ついたと思うんです。だってまだ15歳の、千葉の田舎の男の子ですよ。彼にはテニスに固執する理由はないけれど、テニスを離れる理由はあるのかなって。

サエさんは、佐伯虎次郎は、テニスの王子様でした。

テニスの王子様』でいられる状態なんて多くの登場人物たちにとって青春の一瞬の煌めきみたいなもので、遅かれ早かれいつかは過ぎ去るものです。その煌めきの最終地点が、佐伯虎次郎という少年の場合は全国大会初戦だったということなのだと思っています。

 

テニプリの登場人物、特に3年生って読者にとって不思議な存在でして、多くのヲタクは今や15歳をとうに越しているのですが、それでもどこか『先輩』って思ってしまいます(ex.不二先輩)。私にとっても佐伯は、本来なら佐伯くんとでも呼んだ方がしっくり来るような年下の男の子なのですが、それでもサエさんって、見上げてしまう存在です。

私は二次ヲタ夢女子なので、出来ることなら彼とお付き合いしたいし彼が年を重ねる世界線に行けるのなら結婚したい、タキシード姿が見たいです。でも、それ以上に、たとえば六角中1年の地味~な女子生徒として、コートに煌めく彼を見たい。関東大会準決勝のD1で、菊丸の分身に驚きつつも六角を応援したい。漫画では大した描写のない3位決定戦だって、S1死ぬ気で応援したい。全国大会初戦、きっと六角は応援も含めて皆オジイに付き添ってしまうけれど、私はコートに残って戦ったテニスの王子様を見ていたい。あ、今言った試合全部負けるのですけれど。

 

それでも、サエさんはテニスの王子様だし、私の王子様です。

テニミュの話。

三ヶ月ほど前、ヘタミュの先行?の当落が発表されたんですよ。それが私、平日も申し込んでいたのに全落で。そのときムシャクシャした勢いで買ったのがきっかけでした。

 

テニミュです。

 

前々から当然気になってはいたのですが、廣瀬さんの出ていたものだけでも円盤がそれなりの枚数になることから手を出すのを躊躇っていました。しかし購入時には「全部買わなくてもとりあえずメインに出てるのだけでいいじゃんー」と、今までの自制心は何だったのか、2ndのルド吹と六角を購入したんですよね。

結果として、今更にテニミュ、そして原作漫画にまでどっぷりと嵌まりました。

なんでこんなことを今ブログにしているのかと言うと、それ以来細々と買い集めてきた円盤が遂に2桁枚になった個人的な記念です。多分世のテニモン及び若手俳優ヲタク各位からしたらまだまだ全然なのでしょうが、貧民の自分が特定ジャンルに対し短期間に使った額としては決して少なくないんですもん……。

 

多分トリガーは最初に買った2枚の内、六角公演の方でしょう。なんとなく曲も良いなと思い始めて、キャラも六角の子たちがものすごく可愛くて、俳優ヲタ目線でなくともすごく面白かったんです。中でも六角の佐伯虎次郎というキャラクターに惹かれて、後に原作漫画を購入し読了した頃には彼の夢女子になっていました……。

その後とりあえず六角が出ているものが観たい!となりチムコレやら関東立海やら買っていったところまでは順調でした。何故なら六角が出ている=廣瀬さんがいる、ということなのでテニミュを楽しみつつ推しの過去作を収集するという目的も達成できていたからです。そんな私の前に立ち塞がった(大袈裟)のは比嘉公演でした。メインは青学vs比嘉ですが、比嘉公演には佐伯虎次郎くんの滅茶苦茶に格好良い試合もあるんです。キャラ推し的には買わざるを得ない。しかも平古場役と甲斐役は刀ステで存じ上げている役者さんなのでそこも気になる。しかし、比嘉公演に六角からは佐伯虎次郎くんしか出演していません、つまり廣瀬さんは出ていない。そもそもは廣瀬さん目当てにテニミュに手を出したというのにそれで良いのだろうか……と。まあ悩んだのは多分3日くらいですね!あっという間に我が家に2nd比嘉公演の円盤が届きました。

思い切りの良さには定評のあるヲタクです。

 

テニミュ、滅茶苦茶に楽しいですね。円盤はまだ2ndしか買ってないのですが、3rdも只今絶賛公演中の立海(の、凱旋)を観に行きます。1週間間隔で同じ作品観に行くとか初体験だ!楽しみです(茶の間並感)。3rdキャストなんて六角くらいしか名前わからない!顔も曖昧!みたいな状態ですが……。

でもテニミュでリアルタイムに特定の学校及びキャストに入れ込むと卒業が辛くなるのでゆるーく観るだけに留めたいなあと思っています(フラグ)。実際2ndも今更に円盤で見ているだけだからまだ良いけれど、青学の代替りとかリアルタイムだったら絶対しんどかったし次の代まともに観られた気しませんもの。青6好きなんですよね、特に黄金と桃城。青7はFPの御披露目と比嘉と大運動会くらいしか円盤も見ていないので比較はできないけれど。

 

今の青9は前述の通りほぼキャストさんを存じ上げないのですが、菊丸の方のビジュアルに私好みな菊丸っぽさを感じるのでD2の試合とても楽しみにしております。あの試合は黄金ペアのアツさもさることながら相手側の仁王柳生の入れ替りも面白いですし(しかし3rdキャストの顔を把握していないと大して楽しくない可能性が……観劇までに覚えます、多分)。まあ試合が楽しみだ何だと言っていても当日は応援している六角の子らを定点してしまう気がするんですけれどね。3rd佐伯、お顔がすごく好きなタイプで歌も巧いらしいのでとても楽しみです、危険なゲームもありますし。

いや、六角に対しては2ndと比べてしまいそうで非常に(自分が)不安なのですけれどね。少なくとも木更津は正しい評価をできないだろうし。しかし木更津以外は俳優ヲタというより原作厨として観るので……サエさん楽しみだなあ😌💕💕(二次ヲタとしてはこのくらい頭緩めのテンションでやっております)。

 

ミュクラ及びテニクラ歴3ヶ月のドドド新規ですが、本当にこのコンテンツすごいですね。2.5と原作の垣根の低さもだし、キャラソンやらバレンタインみたいな供給が継続的にある、そのありがたさよ。私の推し校はあまり人気がある訳ではないのですが、それでもそれなりには楽しめてますもん。

 

 

多分今度キャラ萌えを語るだけの記事を投稿するかと思いますがそれはグループに通知行かないようにするので……興味ありましたら覗いてみてくださいね。

(追記:すみません、設定のミスでグループの方に流れてしまっていたようです……直しました……)

推し(たち)の話。

推しって言葉の指す対象が多すぎて自分でもこんがらがってきたので自分用のまとめをば。

 

 

推し(俳優)

好きになって1年未満。でも費やした額はトップクラスかもしれない、ほぼ円盤と某ゲームのご祝儀課金だけれど。

お芝居が好き。でも最早お顔も性格も全て好き。

 

推し(空気盤)

好きになって4年くらい?自分にしては長く好きでいる方。でも人気全盛期に入ったので未だド新規。

何処見てるんだって話だけれど、彼の綴る文章が大好き。

 

推し(元麺)

好きになってからの大半の期間が活休期間で初参戦が解散ライブ。笑い話かよ。

顔が好きでいつ見ても可愛い。今も可愛い。リプ欄やらツイキャスに張り付いてたのが懐かしいなー。

 

推し(二次)(複数)

今は主に刀とかテニスとか。過去には少女漫画系やら進撃やら色々。報われない子が好きだと最近自覚した。

グッズより資料やイベント参戦派。

 

推し予備軍(俳優)(複数)

顔が好きだったり、.5で推しキャラやった方だったり。機会があれば出演される舞台観たいなーブロマ買い集めたいなーとは思う。

しかしながら茶の間未満なので積極的に推しと言うことはないですごめんなさい。

 

 

ジャンル混合でよければとんだDDですね!!!⑤とか最早推しって言えないでしょう。

しかしひとつに絞ると裏切られたときが怖くてならないです。一途さんてすごい勇気要りませんか?

転売と譲渡。

話題になっているあれです、お席のあれそれ。

私は当事者でもなければ現場にも行っていないし、何なら「円盤予約したし良いや」とか言ってライビュも行かずにフラフラしてたんですけれど。よくよく考えると、自分も危ない橋渡ってたなって思いました。

考え無しなヲタクなので最初は「最前全部転売かよー!」とか笑ってたんですけどそんなことなかったです。今回の騒動に巻き込まれた方の気持ちを考えると本当に辛い。何が辛いって、表立って公式を批判しにくいのが辛い。事実、Twitterで見かけた被害者(と呼んでいいと思う)の方々は悲しんでたけれど公式のやり方に対する怒りはあまり発信していなくて(私の知りうる範囲では)。

転売と譲渡って、何が違うんでしょうね。

 

基本的には定価(もしくは定価↓)での取引は譲渡で、定価↑の取引は転売だと思っています。

でもこの2つ、譲る方が儲かるか否かしか違わないんですよ。公式から見たら同じなのかなって。(多分チケ裏の規約には色々細かく書かれているのだろうけれど、今手元にチケが無いので未確認です、すみません。)

私個人としては転売はムカつく、譲渡には助けられているという状態でした。転売にムカつく理由も、知らんやつが儲けるのが腹立たしいというただそれだけで、きっと私がもっと裕福且つ強火だったら転売屋の良い客だったろうなと思います。譲渡に関しては……本当に、今回の件で色々考え直さないといけないな、と。

 

すごーくアレな話、私の経験した数少ない俳優関連の現場のチケの内、自力で得たものは1/3です。刀ステだけです。バーイベは協力(と言えば聞こえは良い事実上の複アカ)、ヘタミュはそれこそ定価譲渡です。多分これからも、わりとそんな割合でチケットを得るんだろうなと思っています。

でも、これって運営者サイドからしたら転売と何ら変わりませんよね。

実際にバーイベでは今回みたいに譲り主とその場で連絡を取ることを求められました。当日に譲渡確認手段を伝えられたことで連絡が取れず困っている方もいました。しかしあのときは運営の混乱のせいか人によって確認の厳しさが違っていて取引のLINE履歴見せてOKになったりもしましたが……。

 

確認を取る手段も転売屋側が対策をとれないものではないし、譲渡と転売を確実に見分けることは現実的に難しいと思います。だから今回はこんな形になってしまったのでしょう。でも、チケを手にいれる側としては乱暴で恐い措置だと思ってしまいます。しかしだからといって転売を全面的に容認することも難しいのだろうし……。

それこそ多くの方が仰ってることですが、公式に譲渡の場を設けて管理することくらいしかないんだろうなあ。でもそこでも手数料云々の問題がある訳で……。

本当は『観たい人全員が観られるキャパ』が一番嬉しいのですが、制作側ってなかなか需要は読めないみたいだし、soldしないだけでオワコン扱いされますもんね、クソ。

 

チケットを巡るあれこれって、今回みたいに表立った問題にならなくとも必ずあることだし、転売の是非すら人によりけりだし、本当に100点満点の正解って、あるのかなあ。

服装とかそんな。

そんな話題ですねーー!!

つい最近見た目の話した気がしますが気にせず一丁流行りに乗ってみようかと。

 

 

洋服大好きなのですが好きな系統がコロコロ変わるので衣装持ちではないです、色々なジャンルのはあるけれど。ざっと遍歴まとめただけでも

黒ロリ(一番痛々しかった、似合ってないし)

パンク系(今でも好き)、似非サイバー(hideが好きで……)、似非エスニック(左に同じ)

で、現在がふあふあ系とシンプルな格好を行ったり来たりしております。ようやく覚えたよ真っ当なファッション!

というのも、好きな格好って大概そのときの趣味嗜好に左右されるんですよね、私の場合。元々好きだったジャンルは頭おかしいくらい色んな格好の人がいて、それこそライブ会場にはゴスもロリもカラーセーラーもコスプレもリアルお婆ちゃんもいて、私も推しカラーのパニエとか履いてました。今思えば痛々しいけれど、若さだけで何でもできてました。それで俳優界隈に足を突っ込んで色々調べたとき最初に感じたのが「私このままじゃ浮く!」という危機感のようなものでしたもん。それでバーイベ前に急いで服を買いに行きました。勢いついでに普段は店に入るのもできなかった(ビビり)Ank Rougeでワンピ買いました。クローゼットに掛かったそれを見る度にあの日のことを思い出しますね……。まだ2ヶ月くらいしか経ってないのに随分と遠くへ来た気がします。多分気のせいだけれど。

さて、話が逸れました。

とにかく若手俳優ヲタクって皆服装に気遣ってますよね!身嗜みというより、周囲に浮かないこと悪目立ちしないことに命賭けている印象です。服装に限らず。自分もそうなのだけれど、だから他の人の服装事情が気になるんだよなあ……。

多分これからも私は無難極まりない格好で劇場へ行くでしょう。earthとかで買ったカットソーを着て、同じの着ている人を見つけて気まずくなったりするかと思います(実話)。これもひとつのTPO、なのかなあ。

D・S(誰も・好きじゃない)

とかないですかね、DD的なノリで。

 

ハイネ行きません!!!

一般無理でした!どうせ円盤買うのでライビュも行きません!!さよなら!!!

 

……最近チケ運が死んでるようで、落選の度に円盤か別件のチケかで心を埋める日々です。あー、メサイア行きたい。でも推しのいない舞台観に行く金と暇あるの?!と私の理性が叫んでいる。これ今メサイア観たら過去の円盤買い集めるルート確定だもの。自分の記憶力を信頼していないので自分の行った作品も円盤買っちゃうし……(あ、ヘタミュ円盤予約しました)。THE在宅ヲタク~~~!!!

 

最近ヲタクのくせしてメンヘラ発動させてるので下書きに推しage記事と推しsage記事が溜まっています。多分1つもアップしないです。そういうブログ記事って深夜にポチポチしているので情緒の不安定さに比例した文章の乱れ方なんですよね。自分でも何を言いたいのか理解できない文字の羅列です。比較的まっとうな精神のときに書いている記事ですらこの文章力なのにね……。

 

推しなんて存在を持ってしまったからチケ落選の苦しみがあるんだよ。誰でも好きで誰も好きでなければこんな面倒はないんだよ。

うーん、タイムマシーンで過去に戻ってヒロセダイスケを知らないまま生きる道を模索したい。もしくは数年前から推して古株面した挙げ句に降りたい。タイムマシンが欲しいよ。

(唐突に別ジャンル。でも良い曲なので聴いてください。女々し〇てじゃないよ)

 

まあ、降りる(この言い方に慣れない。上がるじゃないの?)ことは今のところないですけど!降りる以前に昇ってないし、上がる以前に沈んでない!!

折角なのでテニミュに浸かったりそこで見つけた好みの顔の子追ったりしても楽しいかなーって。金銭的な面は無視。

様々なジャンルで『推し至上主義』を掲げてきましたが、ちょっとその看板を下ろして広く浅く遊んでみようかなと思わせてくれたハイネでしたとさ、チャンチャン。

 

とか言ってたら推し(空気盤の方)のバーイベ参戦が決まりましたヤッター。謎のカラオケ観賞会です。多分V系Kポメインだろうけれど彼テニミュも好きだしそこら辺も歌ってくれないかな~~。